【川崎パーソナルジム】ダイエットをするときにトレーニングで意識することとは?

training, rmuscles, back-828741.jpg

【川崎パーソナルジム】ダイエットをするときにトレーニングで意識することとは?

川崎にあるパーソナルジムBodyMakers’です。

ダイエットで筋トレをするのは一般的になってきましたね。

しかし筋トレはただウエイトを上げ下げすればいいっていうわけではありませんね。

ちゃんと筋肉に効かせないといけませんね。

そこで今回は「ダイエットをするときにトレーニングで意識することとは?」についてまとめました。

結論から言いますと、「ターゲットの筋肉でウエイトを上げること」です。

ダイエットしたい方、筋肉をつけたい方、トレーニングをする理由は人それぞれですね。

そしてトレーニングをする場所も人それぞれです。

パーソナルジムに通われる方、一般的なトレーニングジムに通われる方、自宅で行う方。

一般的にトレーニングジムに通われている方は、あまり指導を受けずにトレーニングを始めることが多いかと思います。

トレーニングマシンは、一定の軌道が確保されているので、やっている感はありますが、実際効いているかどうかは別の話です。

そもそも筋肉は、筋肉に負荷が乗って刺激を受けて、その結果筋肉が大きくなったり、強くなったりしていきます。

筋肉に刺激が入らなければ、あまり意味がないです。

例えば、ベンチプレスやチェストプレスで胸の筋肉を鍛えようとしても、バーを下す位置や、上げるときの意識によって、筋肉に刺激が変わってきます。

初心者の方は、だいたい「胸」ではなく、「腕」で上げてしまいますね。

これは仕方ないことです。

と言うのも、胸の筋肉よりも腕の筋肉の方が動かしやすいからです。

だいたいの方は、腕を動かしてくださいっと言ったとしたら、すぐできると思います。

しかし、胸を動かしてくださいと言ったら、すぐできる方は限られてきます。

ベンチプレスやチェストプレスでも、同じことです。

胸で上げ下げするべきですが、腕で上げ下げしてしまいます。

もちろん厳密に言えば、腕でも上げるし、胸でも上げます。

しかし、同じ動作をしても意識の違いで筋肉の成長が全然変わります。

どうやって胸を意識するのかという話になりますが、初めは「イメージ」でしかありませんね。

頭で胸の筋肉が動いている「イメージ」をすれば、胸に意識がいきます。

初めはこれで大丈夫です。

意識がついてくると、その筋肉で上げようとするので、当然「重さ」がその筋肉に乗ってきます。

筋肉に重さが乗っている状態で、動作を繰り返していくと、その筋肉はパンパンに張ってきます。

そのうち、動かなくなります。

できればここまでしっかりと追い込んでいけるとバッチリです。

この感覚がついてきますと、意外と筋肉はすぐに付いてきます。

もちろん食事の栄養も大切ですよ。

ちなみに例外もあります。

ダイエットや筋肉を大きくしたい場合は、今書いた内容で大丈夫ですが、スポーツ能力向上を目的にされている方は別です。

スポーツの場合は、筋肉が大きくなろうが、あまり関係ないからです。

例えばそのスポーツが野球だとして、筋肉がいくら大きくなっても、ホームランが打てるとは限りません。

スポーツ能力向上で重要なのは、筋肉の連動性です。

一つ、一つの筋肉がいくら発達したとしても、バラバラの動きをしていたらいいスイングができません。

もちろんそれぞれの筋肉を発達させて、連動性を高める練習をすれば大丈夫です。

スポーツ能力向上のトレーニングは、とにかく「重いもの」を「素早く動かす」力を向上させることです。

どの筋肉が強くなろうが、あまり関係ないのです。

ボディメイクで筋トレを取り入れるとする場合は、「ターゲットの筋肉でウエイトを上げること」です。

そこで今回は「ダイエットをするときにトレーニングで意識することとは?」についてまとめましたが、参考になりましたでしょうか?

ターゲットの筋肉でしっかりと上げられると、そこに刺激がちゃんと入ります。

その結果、筋肉は成長していきます。

ぜひ意識してトレーニングを行なってみてください。

ダイエット頑張ってくださいね。